人命救助の為の物件投下装置開発運用プロジェクト

代表者:  岸本 栄一

Catch-1
支援額

¥500,150

目標金額

¥10,000,000

支援者

1人

残り日数

残り438日

達成状況
Catch-1
支援する

説明

プロジェクト推進の為の寄付をお願い致します。

ドローンの各分野での活躍は目にみはるものがあります。これからの益々開発が進みドローンが生活の一部となっていく日常が普通となることでしょう。そんな中ここ数年水害による被害が目に余るものがあります。また夏季レジャーによって本来楽しいはずのものがアクシデントによって命を落とされる方も少なくありません。

すべての方を救う手段はないのかもしれませんが、ドローンを使って何か役立つことはないか?

マイク搭載型・物件投下装置付きドロン+RTKシステム導入で正確な位置の測定把握。短時間で被害にあわれている方に救助の第一歩の対応ができるシステム作りを目指しています。

まずは溺れている方に正確に救助用浮き輪・物資等を届ける為に特化した物件投下装置の開発・製作を行います。

資金用途としては、プロジェクト推進運用費・装置開発費が主になります。